【HTMLを書いてみよう】ホムページ制作で必要なタグについて

目次

文章の見出しにつけるタグと段落につけるタグについて見たのちに、HTMLの用語について図で確認していきます。

HTMLの書き方

前回まででホームページ制作の準備についての記事を書きました。

詳しくは『【学習の準備を整えよう】ホームページ制作に必要なエディタとブラウザ』を御覧ください。

今回は実際にプログラムを書いていきます。

HTMLでは基本的にタグで文字や数字を囲んだり文字や数字の先頭にタグを付けることによってそれらに意味を与えていきます

例えば見出しの意味を与えたい場合は1番重要なheading を意味する<h1></h1>というタグで文章を囲んでいきます。

対応するタグには/(スラッシュ)が入るので注意して下さい。<h1>teatree</h1>というようになります。

他にも段落を意味するparagraphの頭文字の<p>タグや写真を意味するimageの略で<img>タグなどもあります。追々みていきましょう。

開始タグ、終了タグ、要素

文章の最初のタグで<h1>と表記されるものを開始タグ、あとのタグで</h1>と表記されるタグを終了タグと呼ばれます

囲った内容についてはコンテンツ、開始タグ、コンテンツ、終了タグをあわせて要素というので用語として覚えておいて下さい。

マークアップ

コンテンツをタグで囲って要素を作ることをマークアップと呼びます。

HTMLはHyperText Markup Languageの略で画像やリンクを埋め込むことができるテキストをマークアップしていく言語という意味があります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次