プログラミング用フォントを導入しよう

目次

プログラミング用フォントをなぜ入れるのか?

フォントの変更の意義

プログラミング用フォントを設定していきますこれをしていくことによって半角、全角の混入を見つけやすくなるメリットがあります。

プログラミングでは半角と全角を判別してそぐわない場合はエラーになってしまいますので設定で可視化できるようになるととても便利です。

まずはテキストエディターのVSCodeを起動していきましょう。

VSCodeの導入方法はこちらを参考にしてみてください。

VSCodeを起動をしたら設定を開いていきます。設定は「command + ,」で開くことができます。

詳しくはこちらの記事で解説しております。

Ricty Diminishedの導入

色々な種類のフォントがありますがまずはRicty Diminished というフォントをおすすめします。

具体的にはChromeで「Ricty Diminished」と検索すると英語のサイトが出てくるので、クリックしてあげます。

Chromeのダウンロードはこちらの記事を参考にしてみてください

いくつかの種類が配布されているのですが「 Regular 版」を導入してあげれば おkです。

フォント

クリックして進むとDownloadのボタンがあるのでこちらからダウンロードして行きます。

downloadが完了したらクリックでファイルを解凍してあげてフォントをインストールと進みましょう。

フォント設定

フォントをインストールできたらファイルを開いて行きREADME.mdからVSコードの方で設定していきます。Finder はもう使わないので閉じておきましょう。

エディタのフォント変更

フォント設定

設定のタブに行って Font Family で設定すればおkです。一文字ずつ間違えないように Ricty Diminished と打ってあげてください。

設定は「command+,」で開くことができます。

プログラミング用フォントを入れておくと、間違えやすい記号などもすぐ見分けがつくようになってミスが減るので、必ず入れておきましょう。

フォント設定

以上

フォント設定

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次